「365日 エコでヘルシーな手作りライフ」
体に良いこと・エコなこと大好き! 毎日、ワクワク楽しみながら、ヘルシーなこと、エコなことに取り組んでいます♪
リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

プロフィール

京都市在住。ヘルスフード&エコフード研究家。サプリメントアドバイザー&心理カウンセラー。薬剤師。 元来「手作り&健康な事」が大好きです。

natural field

Author:natural field


ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

占いブログパーツ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マンゴージャム」を作ってみよう♪
●「マンゴージャム」を作ってみよう♪
軽井沢のお土産に「マンゴージャム」をいただきました。(ありがと!)
マンゴーのジャムもあるんですね~。(驚き!)
マンゴーといえば・・・
しばらくアメリカ西海岸に住んでいた時、はじめてスーパーを訪れた日、アップルマンゴー(下の写真)があまりにも安い(3~5個100円程度で売られていましたのに驚き買い込んでべて以来、またその美味しさにはまって以来、ほぼ毎日の様にべていた記憶があります
20061014174652.jpg

あの、美味し~いマンゴーのジャムなんて?!

当たり前?? でも、私にとって、マンゴーのジャムなんて、とっても意外ですごく素敵に思えてしまったので、早速マンゴージャム作りに挑戦してしまいました。
といっても作り方は、普通のジャム作りと同じです。
今よく見かけるマンゴーには、大きく分けて「アップルマンゴー」と「ペリカンマンゴー」の2種類があります。アップルマンゴーの方が、断然美味しいと思いますが、かなり、かなりお高い!(デパートで1000円~2000円程で売られています。一方、ペリカンマンゴー(写真下)は、スーパーで1個150円~200円程度で売られています。)
20061014174713.jpg


のでので、今日は、リーズナブルなペリカンマンゴーを使って、マンゴージャムを作ってみました。
ちなみに、マンゴーのあの黄~オレンジ色は、フラボノイドの一種であるエリオシトリンやゼアキサンチン、カロテン類に由来します。また、その他ビタミンCなどもたくさん含んでいます。いずれも抗酸化パワーに優れた成分です。

紫外線をいっぱい浴びる南国で育つフルーツには、それ自体に、ちゃんと強い紫外線の害(=活性酸素)を除去する抗酸化パワーがしっかり備わってるんですね。自然ってす・ご・い
20061014175329.jpg

20061014175505.jpg

(色が濃い方が頂いたジャム、黄色い方がペリカンマンゴーで作ったジャム)
<材料>
マンゴー    2個
グラニュー糖  大さじ3(→これは、お好みでいかようにも増減して下さいね)
レモン汁    大さじ1
<作り方>
?マンゴーの皮をむき、果肉をダイス状に刻みます。
?鍋に、?を入れに火にかけます。
20061014175241.jpg

?汁がでてきたら、グラニュー糖、レモン汁をを加え、適度な粘度になるまで煮こみます。

種には、固める成分「ペクチン」が含まれているため、煮込む時、一緒に種も入れて煮込むという方法もあります。
種が煮えすぎて苦味が出ると困るので、今回は、省きましたが、挑戦してみたい方は、種も入れて煮こみ、10~15分煮たところで種だけ取り出してくださいね。
以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://puchihealthlife.blog73.fc2.com/tb.php/93-65bc8ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。