「365日 エコでヘルシーな手作りライフ」
体に良いこと・エコなこと大好き! 毎日、ワクワク楽しみながら、ヘルシーなこと、エコなことに取り組んでいます♪
リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

プロフィール

京都市在住。ヘルスフード&エコフード研究家。サプリメントアドバイザー&心理カウンセラー。薬剤師。 元来「手作り&健康な事」が大好きです。

natural field

Author:natural field


ブログ内検索

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

占いブログパーツ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●パンプキンプディングを作ってみよう♪
●パンプキンプディングを作ってみよう♪
今日で、10月も最後。ハロウイーン気分もおしまいです
今日は、ハロウイーン気分を惜しみながら、再度、パンプキンを使ったおやつを作ってみました。
プディングと言っても、卵の変わりにゼラチンを使っているので、蒸す手間が省け、簡単にできます。
しかも、かぼちゃのビタミンEに、ゼラチン=コラーゲンがとれます。
さらに、トッピングとして、前回作ったマシュマロ(これからもコラーゲンがとれます!)を乗っけちゃいました。

<材料>1個分
牛乳    大さじ3
干しぶどう 15粒(ブランデーに漬けこんだもの)
蒸したかぼちゃ(皮や種は除いたもの)  50g
砂糖    大さじ1/2
バニラエッセンス 少々
粉ゼラチン  小さじ1/2(小さじ2の水でふやかしたもの)
マシュマロ  3個
<作り方>
?水でふやかしたゼラチンはラップをし、20秒ほど電子レンジで加熱します。
?同じく、牛乳を20~30秒ほど電子レンジで加熱します。
?かぼちゃは軽く裏ごしします。
??、?、?、砂糖、バニラエッセンスを混ぜます。
(全部をミルサーで攪拌してもOKです)
??に干しぶどうを加えます。
20061031233108.jpg

?容器に?を入れ、ラップをし、冷蔵庫で固めます。
?べる直前に、串にマシュマロを刺し、コンロの火で表面を軽く焼きます。
??を?にのっけて頂きま~す♪
20061031233145.jpg

以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。
スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

マシュマロを作ってみよう♪
●マシュマロを作ってみよう♪
前回は、マシュマロ美容液を作ってみましたが、今日は、その材料で使ったマシュマロを自分で作ってみましょう!

以前、「マシュマロを1ヶ月べつづけると、お肌が若返った!」という内容の番組がテレビで放送され、結構マシュマロブームになったこと覚えていますか?
マシュマロは、お肌の基礎成分の原料、ゼラチン(=コラーゲン)と良質のタンパク源である卵白から出来ているので、お肌に良いっていうのはうなずける話ですよね。
実はこのマシュマロも、なんと! 手作りできるんです。
市販のマシュマロより、もっとソフトなマシュマロができます。
ゼラチンの臭いが気になる人は、多めにバニラエッセンスを加えるか、お好みのジャム(イチゴジャムを入れると、イチゴ味になります。)やココアなどを適量加えて作ってみて下さい。
おやつに、”美味しいマシュマロ”をべるだけで、お肌も美しくなるなんて?! 
さあ、貴女も試してみませんか

20061029142543.jpg

<材料>
粉ゼラチン  大さじ2 (大さじ3位の水でふやかす)
砂糖またはグラニュー糖  100g (甘さは適宜加減して下さい)
水 100cc
卵白  2個分
コーンスターチ 適宜
バニラエッセンス  少々
コーンスターチ 適宜

お好みで、ジャムなど。
<作り方>
?粉ゼラチンに水(大さじ3位)を加えて、数分おき、ゼラチンをふやかします。
?鍋に水100ccを入れ、弱火にかけ、半量(約50g)の砂糖を入れて溶かし(ジャムなどを加える場合は、ここで加えて下さい。)、砂糖が溶けきったら、ふやかしたゼラチンを加えて溶かします。溶けたら火からおろし、粗熱をとります。
caution! ゼラチンは絶対沸騰させないで下さい。
20061029142706.jpg

?次にメレンゲを作ります。卵白を十分にあわだてます。途中、残り(約50g)の砂糖を2回位に分けて加え、角が立つ程度のメレンゲにしあげます。
20061029142719.jpg

??のメレンゲにバニラエッセンス少々と?のゼラチンを少しずつ加えながら、泡立て器でさらによく混ぜます。
20061029142727.jpg

?バットに料理用シート(ない場合は、厚手のビニール(お菓子が入ってる袋などを再利用)でも可)を十文字に敷いておきます。
??のバットに?を流し入れ、冷蔵庫へ入れ固めます。
20061029142737.jpg

?マシュマロが固まったら、冷蔵庫から取り出し、適当な大きさに切り分けます。または、ぬき型などで型抜きします。 
20061029142749.jpg

?別のバットなどにコーンスターチをふり、?のマシュマロをのせます。
?全体に、コーンスターチをまぶした後、はけなどで余分な粉を払ったら、出来上がり♪
20061029142801.jpg


※市販のものと違い、日保ちはしないので、冷蔵庫で保管し、早めにべきってください。

個人的には、マシュマロをそのままべるより、串にさして、若干遠火で焼いてべる方が、断然美味しいと思うのですが、皆さんは如何ですか?
また、ココア小さじ1、インスタントコーヒー1 にお湯を注ぎ、マシュマロを浮かべてもとってもgoodですよ。

以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

マシュマロ美容液を作ってみよう♪
マシュマロ美容液を作ってみよう♪
マシュマロ美容液」・・ん?
本屋さんでなにげなく本を探していた時、この文字が私の目に飛び込んできました。
マシュマロを使った美容液~!!そんなのあり~!!」

でも、「そんなのはないでしょ!」なんてと思っちゃうと、がぜん作ってみたくなるのが私の性格
そこで、さっそく、健康雑誌「ゆほびか」を購入。
でもよく考えてみると、マシュマロゼラチン(=コラーゲン)でできているので、お肌にはいいはず?! 
しかも、そのレシピを見てみると、キーウイも混ぜるみたい・・キーウイって言えば、たんぱく分解酵素は含まれているので、その働きでゼラチンが低分子化するだろうから、なおいいじゃん。

て、のりで作ってみたら、結構、ヒットした美容液です。
べたべたが気になる方は、マシュマロじゃなくって、小さじ1くらいのゼラチンコラーゲンを混ぜても良いと思います。
では、作り方。
20061029102904.jpg

<材料>
マシュマロ  大5個
キーウイ   1/2個(皮を除き、粗くきざむ)
ホワイトチョコ  10g
精製水   400g
<作り方>
?ミキサーに湯、マシュマロ、ホワイトチョコを入れ溶かします。
(写真上は入れたばっかり。写真下は溶けている最中の写真。)
20061029102930.jpg

20061029103037.jpg

?粗熱がとれ人肌くらいになったら、ざく切りしたキーウイを入れ、10秒ほど攪拌します。
20061029103228.jpg

?30分ほど放置し、ゼラチンを分解(低分子化させます)させます。
(写真:30分放置後)
20061029103259.jpg

?フィルターで?を漉します。
20061029103406.jpg

?できあがり~。
20061029103439.jpg

※冷蔵庫に入れ、1週間ほどで使い切りましょう。
使用前には、必ず、パッチテストをしてみて下さい。
※基本的には、就寝前に、気になる個所に塗るそうです。パックしても効果あるそうです。

キーウイの香りがかすかに漂う・・爽やかな美容液です。 
以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。



テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「スタフッドパンプキン(かぼちゃの詰め物)」を作ってみよう♪
●「スタフッドパンプキン(かぼちゃの詰め物)」を作ってみよう♪
あっという間に、ハロウイーンのデコレーションがデパートなどを賑わす季節になりました。
ハロウイーンといえば・・・
米国で、子供たちが仮装をし、家々を練り歩くのは有名ですが、
アメリカにいた時、記念にと「街の仮装大会」に子供を参加させたことがありました。
・・・その時、驚いたのは、アメリカの子供たちの衣装の、とにかくゴージャスだったこと!半端じゃない!
「なんで、そこまで凝るの?!」と思わず、言っちゃった位、ほんとに凄かったのですが、それに対し、何の準備もないうちの子は着古した剣道の胴着を着て参加。
「ま、記念に・・」という位の軽い気持ちだったのです・・・・・!

うちの子が、ジャパニーズスマイルでにっこり微笑んだ後、「めん、めん・・」とやりだすと、なぜか、観客がいっせいに「samurai!!」「samurai!!」と声援をしだし、最後には、場内の皆が全員大合唱で「men、men」と言い出す始末!
結局、気づいた時には、うちの子が な・ん・と!
1等賞をとってしまっていたのです!!

うちの子にとっても、我が家にとっても、懐かしい、すごく素敵な思い出です。
ちなみに、その時頂いた賞状は、今でも、しっかり子供部屋に飾られていますよ

前置きがすごく長くなってしまいましたが。。。

そのアメリカ滞在時、私が参加したヘルシー料理教室で教えてもらったレシピが、コレです。
カタカタを並べましたが、ようは、「かぼちゃの詰め物」です。

本来は、牛肉のミンチやブイヨンなどを使うようですが、ヘルシー料理教室というだけあって、それらは一切使わず、アメリカ人の先生なのに、な・ん・と!「赤味噌」と「しょう油」を使って料理してくださいました(パチパチ)。

作り方はいたって簡単!
さずが、アメリカ人! 大ざっぱ!
そんな一気にまぜちゃっていいの~、なんて思いながら私は作ったのですが、でも、お味はGOOD!
なお、オレガノなどのハーブを入れるので独特のテイストになります。
嫌いな方は、適宜、省いてください。
では、作り方です!
<材料>
蒸したかぼちゃ     1/2個
(A)
みじん切りした玉ねぎ  1 1/2カップ
水           1/2カップ
小さく刻んだ セロリ  1/2カップ
  〃    マッシュルーム(ない場合は。しめじ) 1/2カップ
  〃    人参   1/2カップ
しょう油        大さじ3
オリーブオイル     小さじ2
乾燥バジル粉末     小さじ2
乾燥パセリ       少々
ガーリックパウダー   小さじ1
黒コショウ       少々
オレガノ        少々
(B)
キューブ状に切ったパン 2カップ
  ※粘度が出るのが嫌いな方は、省いてもOKです。
ゆでた黒豆      1カップ    
ゆでた小豆      1/2カップ 
小さく刻んだくるみ  1/2カップ
赤味噌        大さじ1
(大さじ2の水で溶いたもの)
<作り方>
?鍋に、玉ねぎ、水、その他の野菜、しょう油、オリーブオイル、他(A)の材料を入れ、火にかけ、10分ほど煮込みます。
??に(B)の材料を加え、全体的に混ぜます。
?蒸したかぼちゃの種などをくりぬいた中に、?を詰めます。
?ホイルをし、オーブンで20分ほど焼いたら出来上がり!
20061024234930.jpg

面倒な場合は、?のままでべても美味しいです♪

ちょっと独特なテイストでが、それはそれで美味しいです
なんとなく、開拓時代のアメリカを思い出させるような、素朴な料理でもあります。

以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

低カロリー「パンプキンパイ」を作ってみよう♪
●低カロリー「パンプキンパイ」を作ってみよう♪

10月も終わりに近づくと祭り好きな我が家は、ほんと、ハロウィーン一色になります。
もともと、オレンジ色や黄色って大好き・・(このブログもオレンジ色多いでしょ♪)。
しかも、ハロウィーンくらいから、サンクスギビングデーやクリスマスなどホリデーシーズンに突入していくので、心もウキウキしてきます♪♪
(ちなみに、我が家はハロウィーンが終わると、即今度は、デパートみたいに、クリスマスツリーを飾りだし、ウキウキ気分を高めま~す!)

といわけで、今日も昨日と同じく、、かぼちゃを使った料理のご紹介です。
これも、すごくありふれた料理ではありますが、、昨日と同様、ヘルシー料理教室で教えてもらった、低カロリー「パンプキンパイ」のレシピです。
ミルクやバターなどは使いません(もちろん、ビスケットの材料としてはバターは使われていますが、通常のパイシートほどではありません)。
超簡単でもありますヨ♪
<材料>
・パイシートの代用として(バターをたっぷり使ったパイシートの代用)
  ハードビスケット 100g      
  低脂肪乳   大さじ2~3  (バターの代用として)
かぼちゃ(皮を除く)  400g
・グラニュー糖(または砂糖) 100g
・シナモン  少々

粉ゼラチン・・小さじ2
水    大さじ2
<作り方>
?ビスケットを手や棒などで粉々に砕きます。(厚手のビニールに入れて、上から棒でたたくと簡単に小さく砕けます)
20061025233019.jpg

??をボールにうつし、低脂肪乳を加え混ぜます。
?よく混ざったら、容器に薄く敷き押しかためます。
20061025233048.jpg

?カボチャはよく茹でて皮をとり除き、裏ごしします。※裏ごししない場合は、最後にミキサーでペースト状にします。
?粉ゼラチンに水を加え、数分おいたものにラップをし、電子レンジで20~30秒加熱します。
20061025233118.jpg

?カボチャに砂糖、シナモン、ゼラチンを加え、よく混ぜます。
20061025233143.jpg

?最初かぼちゃを裏ごししてない場合は、全部をミキサー等でよく攪拌します。
?生地を、ビスケットの台の上におき平らにし、冷蔵庫で冷やし固めます。
20061025233207.jpg

?お皿に切り分けたら、出来上がり!
20061025233242.jpg


パンプキンパイは、作り損ねたことがない位、簡単にしかも美味しくできるケーキです。ちなみに、アメリカでは、この上にジャクーランターンの顔をかきました! 皆さんも、作ってみてね♪

以上、ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピより♪

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「おからこんにゃく」もどきを作ってみよう♪

今日、ついに!
先日取材して頂いた「こんにゃくダイエット」の内容が、毎日放送<みかさつかさ>さんでオンエア-されました!

放送の時間帯が今日に限って4時から(いつもは5時から)だったので危うく見逃すとこだった・・!あぶない、あぶない!

家族全員もう始まる前から、ワクワクドキドキでテレビの前に集合・・
で、お母さん(私)が登場すると、家族一同拍手
お父さんが登場すると一同拍手
って感じで見てました(笑)。
なんか、テレビで自分を見るって変な感じだけど、思ったのは「でっかいお口~!」(笑)
でも、私にとっては永久保存版です!いい思い出ができました!感謝 


最後に・・テレビのスタッフの皆様、また、テレビを見てくださり、

私の方へご連絡頂いた方々、この場を借りて心から御礼申し上げま~す♪

もう一つ最後に・・
実は、後日、私のコメントを読んでくださったオーケイ小島さんから、
束になった、たっくさ~んのサイン入り色紙を送っていただきました!
超感激、涙、涙!!

オーケイ小島さんって、なんて良い方なんでしょ & なんてウイットに富んだプレゼントなんでしょ! 
オーケイ小島さんって、とってもカッコイイだけじゃなく、と~っても良い方なんですね~。
皆さんも、是非、一緒にオーケイ小島さんを応援しましょうね!


テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

黒大豆の煮汁を使って「黒豆ココア」を作ってみよう♪
●黒大豆の煮汁を使って「黒豆ココア」を作ってみよう♪

いろいろな健康成分が詰まていることで今話題の「黒豆」!
大豆イソフラボンに、アントシアニンに、大豆サポニン、大豆レシチン、大豆たんぱく・・。健康成分をあげれば、きりがないくらいです。
大豆イソフラボンは、骨粗しょう症予防で有名ですし、アントシアニンは、黒大豆の種皮の部分にたくさん含まれ「目の健康をサポート」したり、血液をサラサラにしたり、あるいはダイエットパワーなどでも話題の成分です。
また、大豆サポニンには、過酸化脂質の抑制や血中脂質を下げる働きがあります。さらに、大豆には体内の細胞膜を構成している主要成分であるレシチンも含まれます。なお、レシチンには乳化作用があり、血液中の余分なコレステロールを乳化し溶かす働きも!
ちなみに、「黒豆の煮汁」には、特にアントシアニンやサポニンなどが溶け出してきます。
これも、超・超、簡単にできますので、是非、やってみて下さい。
なお、豆は、当然、サラダやいろんな料理に使って下さいね。
20061018222121.jpg

(上の写真は、黒大豆の煮汁そのもの・・。)
<材料>
黒大豆(乾燥)200g
水      適量
?水洗いした黒大豆をしばらく水につけます。
??をポットに入れ、沸騰した湯を口まで注ぎます。
?1日置いておくと、黒豆煮汁ができています。
?こし器などで煮汁をこしたら、出来上がり!

この煮汁にココアを溶かし、ミルクを注ぐと、これぞまさしく自家製黒豆ココア※(写真下)の出来上がりです♪(パチパチ・・・)
20061018222242.jpg


※市販品は、大豆イソフラボンが別途、後添加されています。自家製黒豆ココアは、どちらかというと、アントシアニンリッチな黒豆ココアです。超濃厚で、すんごく目にいい~って感じのココアにし上がりました。

当然、そのまま、お茶感覚で飲んでもいいですよ。ほんのり、天然の甘味にほんとにびっくりしますよ。

以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

超高級っぽい「栗きんとん」&「栗の渋皮茶」を作ってみよう♪
●超高級っぽい<きんとん>と「の渋皮茶」を作ってみよう♪
私が初めてこのタイプの「きんとん」を戴いた時、ほんと「なに~!!この美味しさは~!!!!」を超感激したのを覚えています。
デパートに行くと、1個300円前後はするかと思うんですが、しばらくはまり、いろんな知人に買ってはプレゼントしていました
それまで、ほんと「きんとん」というと、さつま芋をベースに作ったお正月用のきんとんしか知らなかった私にとっては、まさに「衝撃」でした。
デパートで売っているもの・・までは出来なくっても、素朴で、でも、超高級っぽい「きんとん」は我が家でも作れます。
しかも、材料も作り方もいたって簡単です♪
それから、「栗の渋皮茶」・・
最近、栗の渋皮には糖の吸収を抑制する成分が含まれている事がわかり話題をよんでいます!それを使って渋皮茶も作ってみました。
「栗きんとん」のカロリーが気になる場合も、渋皮茶と一緒だと、吸収がちょっとはカットされるかも?!
渋すぎると思われる場合は、麦茶などで半分に割って飲んで下さい。
(写真の写りが全て悪くすみません
●栗きんとんの作り方
<材料>
栗             20個(中身 は100g程度)
グラニュー糖      大さじ3前後(栗の全体量の1/3ほど)
<作り方>
?鍋に水と栗をいれ、水から茹でていきます。
20061016200153.jpg

?茹で上がったら、栗を真中から切り、スプーンで実を取り出し入れます。このとき、薄皮(渋皮)は入らないようにして下さい。なお、渋皮はお茶を作るので、とっておいてください。20061016200520.jpg

??にグラニュー糖をかけます。
?ラップをしないで、電子レンジで4~5分程度加熱します。
※ 加熱しすぎると、カチカチになってしまうので、注意しながら加熱してください。
?熱いうちに栗を潰します。お好みにより、裏ごしして下さい。
20061016200630.jpg

?ラップに?を適量入れ、茶巾を作る要領でねじり、また、底を軽く手のひらで押さえ程よく平らにします。
20061016200703.jpg

完成!
20061016200731.jpg


●栗の渋皮茶の作り方
<材料>
渋皮   適量
20061016202939.jpg

水    適量
<作り方>
?普通のお茶をたく要領で、渋皮を水からたきます。
20061016202845.jpg

?ちょっと濁るので、コーヒーフィルターなどで漉します。
20061016203011.jpg

完成!
20061016203034.jpg


冷蔵庫で保存し、早めに飲み切って下さい。


以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。


テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

マンゴーチャツネを作ってみよう♪
マンゴーチャツネを作ってみよう♪
昨日は、マンゴージャムを作ってみたので、今日は引き続き、
マンゴーチャツネ」の作り方をご紹介しま~す♪
チャツネとはカレーなどのインド料理に使われる薬味のようなものです。
マンゴーなどの果実に酢や香辛料などを加えて煮詰めたジャムのようなもので、現地では熟していないマンゴーの他、リンゴにパイナップル、キュウイ、かぼちゃなど、いろんなチャツネがあるそうです。
とにかく、ちょっと入れるだけで、ほんとにカレーの味がワンランク、、いえ、ツーランク?! 
カレー専門店で買ってきたみたいな味に大変身しますよ
20061016130252.jpg

<材料>
熟していない硬めのマンゴー  1個
 (A)
おろしにんにく  少々
おろししょうが  少々
 (B) 
赤唐辛子  2~3本
レモン汁   小さじ1/2
砂糖(あれば黒糖)   大さじ3
きざんだ干しぶどう   少々
酢       100cc
塩       少々
カルダモン、ローリエ、チリパウダーなども適宜
<作り方>
?熟していないマンゴーを細かく刻みます。
20061016130324.jpg

?鍋に?のマンゴーと(A)を入れ火にかけて煮ます。
20061016130430.jpg

?煮詰まってきたら、(B)を加えてとろりとするまで煮、水分がなくなったらできあがりです。

熱いうちにを清潔な瓶に入れ蓋をします。

注)チャツネは熟成期間が2~3週間は必要です。作ってからしばらくは必ず寝かせておいて下さいね。
普通のカレーのルーに、これを混ぜるだけで、ほんと美味しく出来ます。簡単にできるので、一度、作ってみて下さ~い♪
20061016130629.jpg


以上、「ワーキングママ」石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

「マンゴージャム」を作ってみよう♪
●「マンゴージャム」を作ってみよう♪
軽井沢のお土産に「マンゴージャム」をいただきました。(ありがと!)
マンゴーのジャムもあるんですね~。(驚き!)
マンゴーといえば・・・
しばらくアメリカ西海岸に住んでいた時、はじめてスーパーを訪れた日、アップルマンゴー(下の写真)があまりにも安い(3~5個100円程度で売られていましたのに驚き買い込んでべて以来、またその美味しさにはまって以来、ほぼ毎日の様にべていた記憶があります
20061014174652.jpg

あの、美味し~いマンゴーのジャムなんて?!

当たり前?? でも、私にとって、マンゴーのジャムなんて、とっても意外ですごく素敵に思えてしまったので、早速マンゴージャム作りに挑戦してしまいました。
といっても作り方は、普通のジャム作りと同じです。
今よく見かけるマンゴーには、大きく分けて「アップルマンゴー」と「ペリカンマンゴー」の2種類があります。アップルマンゴーの方が、断然美味しいと思いますが、かなり、かなりお高い!(デパートで1000円~2000円程で売られています。一方、ペリカンマンゴー(写真下)は、スーパーで1個150円~200円程度で売られています。)
20061014174713.jpg


のでので、今日は、リーズナブルなペリカンマンゴーを使って、マンゴージャムを作ってみました。
ちなみに、マンゴーのあの黄~オレンジ色は、フラボノイドの一種であるエリオシトリンやゼアキサンチン、カロテン類に由来します。また、その他ビタミンCなどもたくさん含んでいます。いずれも抗酸化パワーに優れた成分です。

紫外線をいっぱい浴びる南国で育つフルーツには、それ自体に、ちゃんと強い紫外線の害(=活性酸素)を除去する抗酸化パワーがしっかり備わってるんですね。自然ってす・ご・い
20061014175329.jpg

20061014175505.jpg

(色が濃い方が頂いたジャム、黄色い方がペリカンマンゴーで作ったジャム)
<材料>
マンゴー    2個
グラニュー糖  大さじ3(→これは、お好みでいかようにも増減して下さいね)
レモン汁    大さじ1
<作り方>
?マンゴーの皮をむき、果肉をダイス状に刻みます。
?鍋に、?を入れに火にかけます。
20061014175241.jpg

?汁がでてきたら、グラニュー糖、レモン汁をを加え、適度な粘度になるまで煮こみます。

種には、固める成分「ペクチン」が含まれているため、煮込む時、一緒に種も入れて煮込むという方法もあります。
種が煮えすぎて苦味が出ると困るので、今回は、省きましたが、挑戦してみたい方は、種も入れて煮こみ、10~15分煮たところで種だけ取り出してくださいね。
以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。


テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

大学芋を作ってみよう♪
●大学芋を作ってみよう♪
女性なら誰しも?(かな?)お芋系や栗系って大好きですよね。
私も類に漏れず、お芋系・栗系大好き人間です。

今日は、先日頂いたお芋がまだ残っていたので、「大学芋」を作ってみました!
スーパーで買ったみたいにするポイントは、いかに蜜を飴っぽくするか、ってとこですよね。
蜜をしっかり沸騰させると、できた蜜がちゃんと飴状になるので、とってもそれっぽく、美味しくできますよ。
20061014115300.jpg

<材料>
さつまいも1本に対し
砂糖   大さじ3
水    大さじ3
醤油   数滴(小さじ1/3弱)
水あめ  大さじ1
黒ごま   適量
<作り方>
?あく抜きし乱切りしたさつま芋を、色よく、串がすっと通るくらいまで油でゆっくり揚げます。
20061014115332.jpg

?フライパンに砂糖と水を入れ加熱し沸騰させます。
?細かい泡でフライパンの表面が真っ白になるくらいまでしっかり沸騰させたら、醤油をたらし火を止めます。
20061014115412.jpg

?揚げたさつま芋を一気に入れて、?を絡め、黒胡麻を適宜振りあえます。

すんごく美味しくできました♪ 秋の夜長についパクリ
秋はこれだから、太るんですよね~。

以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「トマトケチャップ」を作ってみよう♪
トマトケチャップを作ってみよう♪
今日は、今使っている「自家製トマトケチャップ」がきれそうになってきたので、「トマトケチャップ」を作りました。

トマトの赤色は「リコピン」と呼ばれる成分で、とりわけ「抗酸化作用」が強いことが分かっています。
「リコピン」は、生活習慣病の予防だけでなく、別名「天然の紫外線防止剤」とも呼ばれるほど、美白・美肌効果にも優れたパワーを持っています。
紫外線や放射線を浴びた時、発生する活性酸素(一重項酸素と呼ばれます)に対抗するパワーが特に強いのです。
ちなみに、リコピンは熱にも強いので、ケチャップなどに加工してもパワーはそのままです。
さらに、より効果を高める(吸収をよくする)ためには、油分と一緒にとること(牛乳などの材に含まれている油分でも十分OKです)をお勧めします♪
20061009115154.jpg

トマトケチャップの作り方
<材料>
トマト缶(ダイス状)  1缶
砂糖          大さじ1.5(我が家は少々甘めが好きですが、甘さは適宜調節して下さい) 
塩          小さじ1/2
こしょう        少々
とうがらし      1/2本
酢           大さじ1前後 (酸味は、お好みで増減して下さい。)
玉ねぎ(すったもの)  小さじ1
乾燥スライスにんにく  数枚
お好みの香辛料     適宜
ローリエ        1枚
<作り方>
?ざるでトマトを裏ごしします。
20061009115010.jpg

?フライパンに、裏ごしした果汁、ニンニク、玉ねぎのすりおろしたもの、砂糖、塩、とうがらし、こしょう、香辛料、ローリエなどを入れ、どろっとする位まで煮詰めます。
(フライパンを使うと結構すぐ詰まりますヨ)
20061009115052.jpg

??に酢を加え、一煮立ちさせたら出来上がり!
20061009115126.jpg


トマトがぎっしり詰まった「トマトケチャップ」は、本当にヘルシー材そのもの!
カロリーも低いし、ハンバーグや卵料理だけでなく、いろんな料理にかけていただきたいですね♪

以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

「さつま芋きんつば」を作ってみよう♪
●「さつま芋きんつば」を作ってみよう♪
先日、頂いた「さつま芋」。本当にたくさん、たっくさ~~ん頂いちゃったので、今日は、それをまたまた使って、「さつま芋きんつば」を作ってみました♪
ちなみに、この「いもあん」は前回のスイートポテト(洋風)のあんです! 「いもあん」までの作り方は、そちらを参照してくださいませ。
20061008100328.jpg

<材料>
 [いもあん]
さつまいも  約500g(大1本くらい)
砂糖     大さじ3  (甘味は、さつまいもの甘さで適宜調節してください。)
生クリーム   60cc
バター    大さじ2
バニラエッセンス  少々
(お好みで ブランデーやラム酒など)
この「いもあん」は前回のスイートポテト(洋風)のあんです。 
 [生地]
小麦粉  カップ 1/2
水    カップ 1/2
<作り方>
?さつまいものあん(作り方)をタッパーにつめ、四角く成形しまた後、きんつばサイズ(5cm×5cm×2cm程度)に切り分けます。
20061008100206.jpg

20061008101213.jpg


?小麦粉と水をよく混ぜ、生地を作ります。
?「?のあん」を「?の生地」にまんべんなくつけ、熱したフライパンで一面ずつ、焼いていきます。
20061008100300.jpg


当然、普通の(あずきの)「あん」でもできます。
でも、「芋あん」も、とっても美味しかったですよ!
是非、皆さんもお芋をたくさんもらった時には!
いえ、たくさんもらわなくっても!
一度、挑戦してみてくださいませ。

以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。


テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

マシュマロロックを作ってみよう♪
●マシュマロロックを作ってみよう♪
マシュマロと”くるみ”を混ぜた簡単クッキーです。
マシュマロと一緒に混ぜている“くるみ”は、良質の脂肪酸(α-リノレン酸)やビタミンEなどを含むことから高血圧や動脈硬化を予防したり、悪玉のコレステロールを減らしたりする働きがあるといわれています。また、老化防止、美肌、脳の健康にも、とっても良いナッツなんですよ。

ちなみに。。。
先日、せっかく四角く作ったマシュマロをまた溶かすのもなんですが・・
ま~、こういうべ方もあるということで、ご理解下さいませ。。
20061103163209.jpg

20061103163236.jpg

<材料>
マシュマロ 10個
ナッツ(写真は、くるみ) 1袋(40g入っていました) 適当な大きさにきざむ
<作り方>
?マシュマロを入れた容器はラップし、30秒ほど電子レンジで加熱します。
?柔らかくなったら、ナッツを加え、かき混ぜます。
20061103163308.jpg

?シート上に、適当な大きさに置き、固めたら出来上がり!
20061103163335.jpg


すんご~~く簡単に作れ、お肌にも脳にも体にも良い”ロッククッキー”。
ちょとしたおやつにいいですよ♪

以上、「ワーキングママ」石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

レモンの皮で漂白・殺菌スプレーを作ってみよう♪
レモンの皮で漂白・殺菌スプレーを作ってみよう♪
最近、美肌のための低分子コラーゲンドリンクをがんばって飲んでいる(笑)ため、毎日、レモンの皮がどんどんたまっていきます
ご存知の方も多いとは思いますが、レモンの皮には漂白作用があります。
まな板やシンクの黒ずみがたまってしまった部分は、直接、レモンの皮でこすると、ピカピカになります。さらにガラスコップなどには塩を付けて磨くと、曇り止めにもなります。(ちなみに、塩にも漂白・殺菌効果あがります。)
というわけで、レモンの皮を利用して、今回は、トイレなどで使える漂白・殺菌スプレーを作ってみました。
20060930093532.jpg

<材料>
ホワイトリカー(ない場合は、焼酎などでもOK)  適量
レモンの皮  1~数個分
<作り方>
?ガラス瓶にレモンの皮を入れ、そこにレモンの皮がかくれる位までホワイトリカーを注ぎます。
??を数日間おいておきます。(←薄い場合は、レモンの皮を取りかえ、再び漬けこみます。)
??の液をこし器で漉し、スプレー容器に移してでき上がり。 

トイレの嫌な臭いもさっとひと吹きで解消します♪

「グレープフルーツ」に「ゆず」、「すだち」、「みかん」など他の柑橘系の果物で作ってもきっと素敵な香りのスプレーができそうですね!
  
以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用

酒まんじゅうを作ってみよう♪
●酒まんじゅうを作ってみよう♪
お顔にだけじゃなくって当然味の面でもとっても美味しそうな酒かす”が手に入ったので、酒まんじゅうを作ってみました。
この分量で約6個分程度できますよ。
20060930182923.jpg

<材料>
(A)
 小麦粉        100g
 ベーキングパウダー   小さじ1
(B)
 砂糖      70g
 酒かす     30g
 日本酒   約30~40cc
(あん)
 こしあん(黒)    150g
<作り方>
?(A)を混ぜ、ふるいにかけます。
?ボールに砂糖と酒かすを入れよく混ぜ合わせたものに、日本酒を入れなめらかになるまで、よく混ぜます。
??に?を加え混ぜます。
?打ち粉をした台に生地をとりだし形を整えたら、生地を6等分します。
?同じく6等分した「あん」を生地の上にのせ、包み込みます。
20060930183057.jpg

※この時、あんべらなど(スプーンでもOKですよ)を使うと、生地に「あん」がつくことなくきれいに仕上がります。
?蒸し器で10~20分くらい蒸し、蒸し上がったら、扇風機等で一気に冷やします。
20060930183134.jpg


「え~、お酒によいそう~」と最初は不安げだった子供たちも一口頬張ると「皮の部分が美味しい!」と言いながらべてくれました♪
でも、この香り・・確かに酔いそ~!!

以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。


テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「酒かすパック」を作ってみよう♪
●「酒かすパック」を作ってみよう♪
今日、スーパーを覗いて見ると、できたてほやほやの「酒かす」が売られていました。
20060930090227.jpg

即座に思ったのは「美味しそう~、お肌に・・
そう、酒かすは、天然アミノ酸に美白パワーで有名なアルブチンが含まれています
夏、日焼けしたお肌にはバッチリのパックです!
日焼けが沈着してしまう前に、一緒にがんばってパックしましょうね!

<材料>
酒かす 20g
・水  少々
・クレイ  適量  適度な粘度になる量
・お好みで、ハチミツや、ヨーグルト、抹茶パウダー、ビタミンE(ソフトカプセルにハリを指し、液だけ押し出します)などを加えてお使い下さい。

20060930003433.jpg

写真(上)は、酒かすをペースト状にしたものです。これに、お好みのものをじゃんじゃんプラスしてパックしてください。
<作り方&使い方>
?酒かすに少量の水を加え、電子レンジで30秒ほど加熱します。
??をよ~くかき混ぜます。混ざりにくい場合は、ミルサーを使うと、きれいにペースト状になりますよ。
?他のお好みの材料を加え、洗顔後の肌にパックします。
?3分くらいおいて、ぬるま湯で洗い流します。

注)アルコールが含まれますので、弱い方はパッチテストをしてください。

以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

お月見団子風スイートポテトを作ってみよう♪
●お月見団子風スイートポテトを作ってみよう♪
段ボールいっぱいのさつまいもをいただいちゃいました(いつも、いつも有難うございます
20061001161252.jpg

ので、今日は、お月見団子風スイートポテトを作ってみました
これは、材料だけ見ると「和洋折衷」という感じですが、「とにかく、なんとも言えず“美味しい“(←っと言って家族が喜んでくれました)」です。
そんなに面倒でもなくできるので、是非、皆様もチャレンジしてみてくださいませ。
なお、(A)の生地だけならば、スイートポテトジャムとして、パンなどに塗っても美味しく頂けます。


ちなみに、「さつまいも」は、物繊維豊富で便秘解消にグー!。また、意外にもカロテンやビタミンC、カリウムなど含んでいます。
20061001161633.jpg

<材料>
(A)生地
  さつまいも  約500g(大1本くらい)
  砂糖     大さじ3  (甘味は、さつまいもの甘さで適宜調節してください。)
  生クリーム   60cc
  バター    大さじ2
  バニラエッセンス  少々
  (お好みで ブランデーやラム酒など)
(B)あん
  こしあん    適量    
<作り方>
?さつまいもを適当な大きさに輪切りし、柔らかくなるまで蒸します。
?熱いうちに、皮をむき、木べらなどでつぶします。
20061001161415.jpg

?その他の材料を?に混ぜ合わせます。
(ざるなどで裏ごしするとキメの細かいペースト状にし上がりますよ。)
20061001161511.jpg

??の生地を適当な大きさに分け、「あん」を包みます。
20061001161553.jpg

?でき上がり!
 (お好みで、ごまなどをまぶしてもOK)
20061001163505.jpg


以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。