「365日 エコでヘルシーな手作りライフ」
体に良いこと・エコなこと大好き! 毎日、ワクワク楽しみながら、ヘルシーなこと、エコなことに取り組んでいます♪
リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

プロフィール

京都市在住。ヘルスフード&エコフード研究家。サプリメントアドバイザー&心理カウンセラー。薬剤師。 元来「手作り&健康な事」が大好きです。

natural field

Author:natural field


ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

占いブログパーツ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クワイチップス」を作ってみよう♪
●「クワイチップス」を作ってみよう♪新年明けましておめでとうございます!
旧年中は大変お世話になりました。
昨年末は、本当にドタバタ・・・という感じさえする程の忙しさで、ブログの更新もままならなくなってしまいました。
きっと今年も継続して、いやもっと(?!)忙しくなりそうですが、週末は子供と一緒に手作りを楽しむ・・・そんな生活をエンジョイできたらな、と思っていますので、今後もどうぞ、末永く宜しくお願いしま~す

ところで!
今日は、お正月には欠かせない「くわい」を使っての簡単レシピです。
なぜか、「くわい」はお正月にしかべないですが、お正月だけしかたべないなんてもったいない! そんなこと言いたくなる程、深い味わいのする美味しい「くわいチップス」です。

では、作り方です。
<材料>
くわい  適量
20070106210808.jpg

<作り方>
?皮をむいたクワイを薄くスライスし、水にさらしてあくを抜きます。
 水は濁らなくなるまで、2~3回かえます。(上:さらす前、下:さらした後) 
20070106210842.jpg

20070106210909.jpg

 ☆パリッとさせるコツは、水に十分さらしてアクを取ることですのでちゃんとやりましょうね♪
?ざるを使って?の水をきり、キッチンペーパーなどで十分水分をとります。(ちなみに、これは子供の手で~す♪)
20070106210949.jpg

?油でゆっくり素揚げし、色がきつね色になったら出来上がり!
20070106210955.jpg

?熱いうちに塩をふっていただきます♪
20070106211001.jpg


ちなみに・・・写真はありませんが、皮や芽も捨てずにあげると、より「くわい」の香りが素敵なチップになりますよ♪

以上、「ワーキングママ石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。
スポンサーサイト

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「ゴーヤ茶」と「ゴーヤの種のおつまみ」を作ってみよう♪
●「ゴーヤ茶」と「ゴーヤの種のおつまみ」を作ってみよう♪
ゴーヤの鮮やかな青色と表面のでこぼこを見ると沖縄の元気のパワーをまるごと頂けそう!って気になります。
ゴーヤには、カロテンやビタミンC、カリウム、マグネシウム、カルシウム、食物繊維などの栄養素がバランスよく含まれています。また、普通は捨ててしまう「種」には、ダイエットで話題の「共役-リノレン酸」という成分が含まれています。
また、最近テレビなどで時々「メタボリックシンドローム」という言葉を耳にしませんか?(難しい話ですみません)これは、簡単に言うと、高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満などという症状は、本人は例え大したことないって思っているレベルでも、複合で重なると、動脈硬化が進行して、脳梗塞や心筋梗塞などを発症するリスクがとっても高まるよ、というお話なのです。
ところが!・・このゴーヤの「ほろ苦成分」は、高血圧や糖尿病、高脂血症などにも良いというデータもあります。夏中、がんばってゴーヤを食べ続けたら、秋には嬉しい結果が待っているかも?!
ゴーヤはこの他、夏バテを防ぐ、体や肌の老化を防ぐ、抗ガンなどのパワーのあるといわれていま~す。

ゴーヤは普通、ゴーヤチャンプルや天ぷらなどにして食べますが、
今日は、薬局などでも売られている「ゴーヤ茶」とゴーヤの種で「おつまみ」を作ってみました。 乾煎りすると、ほろ苦さがおいしい、ビールに良くあう「おつまみ」になります。


●「ゴーヤ茶」の作り方
20060806141557.jpg

<材料>
ゴーヤ  半~1本
緑茶、むぎ茶、または紅茶など  適量
<作り方>
?ゴーヤを真中から半分に切り、中のわたた種をくりぬきます。
??をうす~くスライスし、ざるや紙などの上に重ならない様に並べ乾燥させます。
?乾燥したら、弱火でしばらく乾煎りします。
?緑茶やむぎ茶などに少量?を混ぜ、密封容器に入れ保管します。

普通のお茶を作る要領でお茶を入れてください。

※ゴーヤー茶のお茶がらも食物繊維が豊富です。緑茶やむぎ茶などを混ぜない場合は、ゴーヤチャンプルなどとして再利用してもOKです。

●ゴーヤの種のおつまみ
20060806144503.jpg

<材料>
ゴーヤの種  適量
<作り方>
?ゴーヤの種のみとりだし、2日くらい乾燥させます。
??フライパンで5~10分、弱火で色がつくぐらいにいり、塩を振ります。

ちなみに・・
ゴーヤの種をプランターに植えても、ゴーヤが育ちますよ。ゴーヤは生命力が強いのか?!我が家のベランダのプランターでも結構、しっかり育ちましたよ!

以上、「ワーキングママ」石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。
かぼちゃの種を作ってみよう♪
●かぼちゃ種
かぼちゃの実は、カロテンや、ビタミンE、ビタミンB1、B2、カルシウム、鉄分などがバランス良く含まれている栄養価の高い野菜です。

でも、身の部分からくりぬかれた「種」は、通常、そのままポイッと捨てられてしまいがちです。が、この種も食べれるってこと皆さんはご存知ですよね。スーパーに行くと、結構高価な値段で売られています。
じつはこの種の部分にも、素晴らしい栄養効能があるのです。
かぼちゃの種には、カロテンやビタミンB1、B2、ナイアシン などの他に、マグネシウムや亜鉛、鉄分などのミネラル類が豊富に含まれています。
特に、細胞が作り替えられる時には必要不可欠な「亜鉛」は100gあたり7.7g(五訂 日本食品標準成分表より)と豊富で、亜鉛の供給には最適です♪

※亜鉛は、糖尿病の方や、味覚異常などの方にも必要なミネラルです。
20060719233536.jpg

(写真↑ は、外皮がついているままのものです。このままでは、硬くって食べれないので、あしからず・・
<材料>
かぼちゃの種  適量
<作り方>
?洗った種は、天日干しにして乾燥させます。
(よく乾燥させるのがポイントです。)
?乾いた種の外皮をはさみなどで切りむくと、中から緑色の薄皮がついた種がでてきます。
??をフライパンで表面にうっすらと焦げ目がつくまで炒って冷ます。

おつまみとして食べる場合は軽く塩をふってできあがり。
下の写真は、お菓子(チョコブラウニー)にトッピングしています。
20060719233749.jpg

●チョコブラウニーの作り方
<材料(天板1枚分12個分)>
a)
薄力粉  90g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
粉末ココア 40g
塩     1つまみ
b)
無塩バター   100g
砂糖      90g
卵       2個
牛乳    大さじ1

くるみ  50g
かぼちゃの種 適量
<作り方>
?くるみは、5mm角位にきざみます。
?a)の材料をボールに入れ軽く混ぜ、ふるいにかけます。
?b)の材料を混ぜます。
 ボウルにバターをいれ泡だて器でクリーム状になるまで混ぜ、さらに砂糖を加え白っぽくなるまでよく混ぜます。そこに、卵・牛乳を加え混ぜます。
??に?の粉、くるみを加え、さっくり混ぜます。
?天板にオーブン用シートを敷き、生地を流し入れ、上にかぼちゃの種をトッピングし、180度のオーブンで12~15分焼きます。
?焼けたら、網台に取り出し、冷まします。

以上、「ワーキングママ」石田美由紀のワクワクレシピより♪

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

漬物の漬け床を作ってみよう♪
●ぬか漬け
最近、「植物性の乳酸菌」が体に良いと言われていますが、その代表食品の一つがこの「ぬか漬け」です。ぬか床に野菜を漬けこみ発酵させていくうちに、体に良い乳酸菌や酵母が増えていきます。この乳酸菌は、腸の中の悪玉菌の増殖を抑えたり、腸管の免疫系を刺激・活性化する働きがあります。さらに、この「ぬか床」にヨーグルトを混ぜることにより、一段と健康パワーが増強します。
我が家では、小さめの容器に「ぬか漬け」をし込み、冷蔵庫の野菜室に入れています。
カビなどの繁殖も防げますし、かき混ぜて手入れをするのも2日に1回位に減らせます。

基本は下記の材料ですが、古クギと同様、ぬか床に入れると良いと昔から言われているものに「卵の殻」があります。「卵の殻」はカルシウムの健康食品の原料にもなる程、カルシウムの供給源でもあります。発酵したぬか床の乳酸により、卵殻のカルシウムは漬け込んだ野菜へと染み込んでいきます。是非、加えてみて下さい。
20060718213056.jpg

<材料>
米ぬか  1kg
塩    120g
水    4カップ
赤唐辛子 3本
ヨーグルト  200g
煮干し、しょうが・だし昆布  適量
卵殻(きれいに洗い、できれば、ミルサーなどで細かく粉砕したもの)  少々
<作り方>
?大きめのボウルに、米ぬか、塩、赤唐辛子、水、煮干、卵殻を入れて混ぜる。
?ヨーグルトを加える。ゴムべらで混ぜる。
?混ざり具合は、フリーザーから出したてのアイスクリームくらいを目安に。
  
●西行漬け
<材料>
西京みそ  400g
酒  1/4~1/2カップ
砂糖  大さじ3~5
みりん  少々

●かす漬け
<材料>
酒かす 300g
焼酎  1/2カップ
白味噌  1/2カップ

●香草入りピクルス液
<材料>
白ワインビネガー 2/3カップ
水  1/3カップ
塩 小さじ1
ローリエ 2枚
にんにく 1かけ
あれば、クローブ 2本、ディル ひとつまみ、エストラゴン 少々
<作り方>
?白ワインビネガー、水、塩を合わせます。
??にその他の材料を加え、中火にかけひと煮たちさせ、すぐに火をとめます。

以上、「ワーキングママ」石田美由紀のワクワクレシピより♪

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「シソジュース」を作ってみよう♪
あまりにもたくさんの赤シソを買ってしまったので、赤紫蘇ジュースも作っちゃいました。これも、たくさん作っちゃった分は冷凍庫や冷蔵庫でで保存しています。

シソは、花粉症やアレルギーなどに、とっても良い食材です。濃縮エキスが健康食品として売られている程! ジュースやふりかけなど、日々の生活の中できちんと摂れるといいですね!

※なお、以下の配合は、普通我が家で、それぞれ実験していますが、このレシピはテレビ番組で紹介されたものをそのまま飲用しました♪

●自家製シソジュース
20060713211057.jpg

<材料>
赤紫蘇の葉・・・・200g
グラニュー糖・・・600g
リンゴ酢・・・・・カップ1
水 カップ6
<作り方>
?なべに水カップ6を沸かし、赤じその葉をいれて強火で煮る。煮たったら中火で20分煮、火から下ろし、ガーゼなどでこす。
??にグラニュー糖、酢を加え、強火にかけ、アクをとりながら20分煮る。冷めるまでそのままおき、清潔な保存瓶にいれて保存する。

賞味期間は1年だそうです。

以上、「ワーキングママ」石田美由紀のワクワクヘルシーレシピ♪より。

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。